通話が途切れたり雑音が出る場合

設定などによって通話品質が悪くなる場合

ノイズキャンセラー機能がONになっている場合、周辺の環境によっては逆に音声が聞きづらく途切れ途切れになる場合があるそうです。ONになっている方は解除して再度試してみてください。
Bluetoothヘッドセットを使用している場合、ペアリングの際の設定によっては通話品質が落ち、場合によっては通話ができなくなる場合もあるようです。機種によるものと思われますので、対処方法は個別違うようです。ただ、ペアリングの際の設定の問題なので、通話トラブルが出る方は各自再設定されることをおすすめします。Androidで起こる事象だそうです。
イヤホンマイクを使っている場合、そのマイクの不具合で雑音が発生したりして通話品質が悪くなる場合があります。使用をやめたり、接続を確認するなどのチェックが必要になります。

電波が弱いと通話品質は落ちる

通話場所の電波が弱ければ、途切れ途切れになったり雑音がひどくなることはよくあります。見通しの良い場所や都心の高層ビル密集地などは、えてして電波状況が悪く通話不安定になりやすい場所です。
また、高速道路移動中や地下鉄や地下街、回線が不十分な地域も通話はできても不安定なになることはよくあります。
不安定な場所でもスイートスポットのように正常な通話ができる場所やタイミングはあります。正常な通話ができる場所に移動したり、時間をずらして再試行してみることをおすすめします。
一時的に、端末のエラーによって通話品質が悪くなる場合があります。いったん通話を止めたり、電源を落として再起動してみると正常になる場合があります。


この記事をシェアする